[事] 弁理士の出入り情報(2022年1月)~ベリーベスト?! 小説よりも奇なり~

事務所ごとの移動数

2022年1月と前月との弁理士の移動数を事務所別にランキングしました。

ランキング

順位事務所名移動%移動人数所属人数
1特許業務法人ベリーベスト国際特許事務所75.0034
2弁護士法人ネクセル総合法律事務所40.0025
特許事務所の出入りランキング

ランキングを開示するにあたって、自動プログラムが出してきたランキングの検証をしております。今回、出入りが一番多かった「特許業務法人ベリーベスト国際特許事務所」に関して、気になる点がありました。

気になる点

今回、「特許業務法人ベリーベスト国際特許事務所」は、2人の弁護士が登録されるという動きがあったのですが、その2人が、弁護士として、2020年3月に懲戒処分として業務停止を受けておりました。その懲戒処分に関して、ベリーベスト法律事務所は、「ベリーベスト法律事務所は、ベリーベスト弁護士法人および弁護士法人VERYBESTによって構成されており、上記の弁護士法人ベリーベスト法律事務所、弁護士酒井、弁護士浅野とは、別の法律事務所です。」との表明をだして、業務遂行をしております。

ただ、懲戒処分を受けた弁護士のうちの一人の酒井 将弁護士の経歴をみると、処分を受ける直前に「ベリーベスト虎ノ門法律事務所」を開設して、処分を新たな事務所として受けているようです。

2010年 12月 ベリーベスト法律事務所 開設 代表弁護士
2019年 10月 ベリーベスト虎ノ門法律事務所 開設
2021年 12月 ベリーベスト法律事務所 代表弁護士に復帰

https://www.vbest.jp/member/detail/1/
※下線は、特許出願ココ

いろいろググってみると『「懲戒逃げ」ではないか?とする記事』も発見されました。

そのような2人が「特許業務法人ベリーベスト国際特許事務所」に戻ってきており、移動率が増えて、ランキング1位となっていました。「事実は小説よりも奇なり」なにやら特許事務所にもいろんなことが起きているのですね。(今回の場合は、「資格取得事由: 弁護士となる資格」で弁理士ナビに載っている方の話でしたが)

まとめ

本件は、自動プログラムで算出したデータを基に出力しております。気になる点などないか目を通してから投稿しておりますが、気になる点などありましたら、コメントいただければと思っております。みなさんに少しでも興味を持っていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です