[特] 2020年外国語書面出願の事務所ランキングTOP14

以前の報告

以前、「[特許] 外国語書面出願はランキングTOP10の事務所で過半数」という内容で投稿をさせていただきました。

外国語書面

あさいち

発明を日本で守るのが特許だよね。そうすると特許は、日本語でないと出せないの?

しげる

あさいちの言う通り特許は日本語で出さなければならないのだけど、1994年に提出だけならまず英語でだせるように変わったんだ(特許法第36条の2第1項)。英語でも出願できるよ。

あさいち

英語だけなの?

しげる

いやいやそれも2016年には、英語以外の外国語での出願が認められ、今ではいろんな国の言葉で特許を出すことができるようになったんだ。(特許法施行規則第25条の4)

前回、集計を行ったのが2017年だったので、そのときはほぼ英語のみの外国語書面出願でした。今は、外国語の数が増え、そのバリエーションも増えました。前回は、9800代の出願があり、TOP10の事務所でその過半数の出願が占められるということを報告しました。

2020年はどうだったかというと、総数は、9700代で、若干減っていますが、TOP14の事務所でようやく過半数を超える数となっています。少しだけ均一化が計られたのかもしれませんが、まだまだ特定の事務所が多くの出願を占めているのではないかと考えさせられました。

外国語書面特許出願ランキング

外国語書面特許出願の事務所ランキングを表示します。TOP14を表示します。

順位事務所名公開数
1特許業務法人志賀国際特許事務所908
2山本秀策特許事務所680
3園田・小林特許業務法人498
4伊東国際特許事務所411
5中村合同特許法律事務所342
6青和特許法律事務所341
7ユアサハラ法律特許事務所311
8ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所299
9青山特許事務所248
10TMI総合法律事務所238
11杉村萬国特許法律事務所207
12SHINSEI特許事務所195
13山川国際特許事務所182
14鈴榮特許綜合事務所180
外国語書面出願TOP14

まとめ

本件は、自動プログラムで算出したデータを基に出力しております。気になる点などないか目を通してから投稿しておりますが、気になる点などありましたら、コメントいただければと思っております。みなさんに少しでも興味を持っていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です