[出願人] 三菱重工業株式会社の使っている事務所を調べてみた

あさいち

この前、出願人の詳細ページを更新していたけど、なんか面白いことがわかるの?

しげる

そうだね。よーく見てみるとなかなか面白ことがわかるよ。

あさいち

どんなことがわかるの?

じゃ、1つ面白いことを発見したから一緒に見てみよう!

三菱重工株式会社が使用した事務所

先日出願人の詳細ページを更新したことをお知らせしました。その詳細ページを使って、日本国内の特許出願(PCT経由除く)において三菱重工株式会社(以下、「三菱重工」)が代理人として使ってきた事務所を検索してみました。年ごとにまとめてみると以下の表になります。

2020年2019年2018年2017年2016年
1特許業務法人志賀国際特許事務所特許業務法人志賀国際特許事務所特許業務法人志賀国際特許事務所特許業務法人酒井国際特許事務所特許業務法人志賀国際特許事務所
2特許業務法人酒井国際特許事務所特許業務法人酒井国際特許事務所特許業務法人酒井国際特許事務所特許業務法人志賀国際特許事務所特許業務法人酒井国際特許事務所
3誠真IP特許業務法人誠真IP特許業務法人誠真IP特許業務法人オリーブ国際特許事務所オリーブ国際特許事務所
4オリーブ国際特許事務所オリーブ国際特許事務所オリーブ国際特許事務所誠真IP特許業務法人誠真IP特許業務法人
5工藤・狩野国際特許業務法人工藤・狩野国際特許業務法人工藤・狩野国際特許業務法人工藤・狩野国際特許業務法人工藤・狩野国際特許業務法人
6大場国際特許事務所大場国際特許事務所大場国際特許事務所光石法律特許事務所光石法律特許事務所
7久遠特許事務所光石法律特許事務所久遠特許事務所真田特許事務所大場国際特許事務所
8特許業務法人インテクト国際特許事務所久遠特許事務所光石法律特許事務所久遠特許事務所真田特許事務所
9ポレール特許業務法人真田特許事務所大場国際特許事務所久遠特許事務所久遠特許事務所
10曾我特許事務所芦田・木村国際特許事務所創光国際特許事務所
11特許業務法人前田特許事務所中谷特許事務所
12中村合同特許法律事務所
特許出願公開における三菱重工の使用事務所

分析

年別に使用事務所を調べるだけで以下のことがわかりました。

  • 過去5年間、中の順位変動はあっても上位5位は不動
  • 過去に6位くらいの順位で使っていた事務所でも最近では使用しなくなった
  • 件数は少なくても毎年新たな事務所を使っている

所感

三菱重工ほどの大企業は、特許事務所を固定しているのかと思っていました。なので、特許事務所が営業に行っても門前払いになるのが関の山。ところが、三菱重工は、毎年新たな事務所を使っています。通常、特許出願を事務所が請け負うには、秘密保持契約書を結ばねばならなく、信用がない会社とは、大きな会社は取引をしないのが鉄則です。なので、三菱重工といった大企業が毎年新たな特許事務所を使っているというのは、とても驚きでした。(秘密がいっぱいありそうな三菱重工が…も含めて。きっと新たな事務所には秘密性が高いものは出してないのでしょうけど)

しかも、実際に5年前に6位くらいで使っていた事務所をやめたりしています。事務所を変えることも恐れずに実施している。その三菱重工の知財部門のチャレンジ精神に驚きました。まだ、他の企業をたくさん調べたわけではなく、他の企業の知財部も同じようなものかもしれませんが、数社調べた中で三菱重工がこのような動きがあることを知り驚きました。

特許事務所も「うちは大企業を顧客に持ってるから…」と安心ばかりはしておられず、切磋琢磨できるのでよいことだと思います。

先日新しくした出願人の詳細ページからこのようなことがわかるようになり、個人的にとてもうれしくなり、紹介してみました。是非、みなさんも気になる企業の事務所をいろいろ探してみてください。

注意点

なお、この使用事務所は、早くても2020年公開の事務所を指しています。出願から公開まで最長で1年6月かかるため、これらの情報は開示年から更に1年6月くらいたったかもしれない情報を示しています。三菱重工が現状使っている事務所を示しているわけではないのでご了承ください。

まとめ

先日、公開した出願人の詳細ページを年別で見ることができるようになったことにより、その出願人の使用事務所を年別で調べることができました。年ごとの差分をとってみると事務所の出入りなどもわかるかと思います。新しくしたページでみなさまの興味が深まれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です