[日誌] 2022年4月の弁理士情報の取得~弁理士法人はじめました~

弁理士法人

「特許業務法人」から「弁理士法人」に変更した事務所が弁理士ナビに登場。

弁理士ナビからの取得

弁理士ナビでは、弁理士がその所属事務所がどこであるのかが検索できるようになっています。特許出願ココでは、2018年1月から弁理士と所属事務所との関係を取得しております。今月は、4/22にデータを取得しました。

弁理士ナビの「データ基準日」は、2022年4月14日です。

弁理士法人に変わった事務所

弁理士法が改正され、「特許業務法人」という名称が「弁理士法人」という名称に変更することになりました。2000年から導入された「特許業務法人」という法人名称が、2021年法改正が施行後、1年以内に特許業務法人は弁理士法人に名称を変更する必要があります。その第一弾組が弁理士ナビに登録され始めました。

弁理士ナビで「弁理士法人」と検索すると、15件がヒットします。

弁理士ナビより「弁理士法人」の検索結果

特許業務法人→弁理士法人

15件中2件は、支局等の名称なので、実質事務所名を変更したのは、13事務所です。そして、単に「特許業務法人」から「弁理士法人」に変えただけでなく、他の部分の名称が変わったものが、3事務所ありましたので、報告いたします。

元の名称新しい名称
特許業務法人後藤特許事務所弁理士法人Gーchemical
特許業務法人IPアドバンス弁理士法人プロテクトスタンス
特許業務法人竹内・市澤国際特許事務所弁理士法人市澤・川田国際特許事務所
事務所名自体変更したところ

引越した事務所

データを取った結果、特許事務所(所属弁理士が2名以上)2つが引っ越しをしていました。1名の場合、個た。1名の場合、個人事務所で事務所兼住宅という方もいらっしゃるかと思いますので、掲載を避けております。

まとめ

今回は、なんと言っても「弁理士法人」への名称変更が入り始めたのが大きな変化です。特許業務法人から弁理士法人へ変更があってもうまく集計できるか確認しながらデータ収集を続けていきたいと思います。所属弁理士1名の事務所の移転は、複数ありましたが、複数人数の動きはありませんでした。動きがあると手で修正しているのですが、動きのない月はとても楽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。